top

元気を足す施術、悪いものを取る施術。

前回の記事と大体内容が同じです。

今回は鍼灸治療の補法と瀉法という手法について説明します。

簡単に言うとタイトルにもあるように、元気を足す施術をするのか、悪いものを取る施術をするかの違いです。

健康な状態は比較的、正気と邪気のバランスが取れています。

これが崩れると不調が表れてくると言われています。

前回の記事でも書いたように、

邪気が多すぎ(実証)てもバランスが崩れていますし、

正気が減って(虚証)いてもバランスが崩れます。

邪気が多すぎるときは、悪いものを取る施術『瀉法(しゃほう)』を施します。

逆に

正気が減っているときは、元気を足す施術『補法(ほほう)』を施します。

瀉法の治療は、鍼だと息を吸っている時に刺して、吐いている時に抜きます。

他にも太い鍼を使ったり、素早く差して素早く抜く、打った後を揉まない、つぼの流れに逆らって刺すなどの決まりがあります。

お灸だと、大き目のお灸や、固くひねったりして、少し熱い目のお灸をすえるようにします。

イメージ的には強い刺激を行い、体をビックリさせるという感じです。

補法の治療は、先ほどの逆で鍼、灸ともに優しい治療になります。

比較的痛くなく、熱くなくです。

我々有資格者が患者さんに自宅でやる養生法をお伝えするときは、

基本的に補法の方法をお伝えします。

何故かというと、失敗したときのリスクが低いからです( ´∀`)b

身体に不調が出ている方というのは、先ほどみたいに実証、虚証がはっきりしていることは少ないです(私見)。

前回の記事に書いていませんが、

慢性になればなるほど、両方合わさっていて、正気が減って、邪気が多くなっているパターンになっていることが多々見られます。

治療としては、補法で正気を補いつつ、邪気を瀉法でとります。

瀉法は良い気も取ってしまうことが多いので、補法で補ってから瀉法を行うのがコツです( ̄ー ̄)b

ゆえにご家庭での養生法も悪いものを取る施術ではなく、元気を補う施術をお伝えするんです。

瀉法については、新たにxxをやって下さいと頼むよりは、

yyを減らして下さいという風にお願いします。

何か良いものを足すより、悪くなる原因を減らすように工夫しましょうという感じです。

少しイメージしにくいと思うので、次回例を出して説明してみますね\(^o^)/

今回は鍼灸施術の補法と瀉法の説明でした。

The following two tabs change content below.

一灸さん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする